読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wovvvow

ウォウウォウ

セットリスト: Kula Shaker @ Fujirock Festival '16

セットリスト Fujirock 音楽

1. Sound of Drums
2. Hurry on Sundown (Hawkwindのカバー)
3. Grateful When You’re Dead / Jerry Was There
4. Infinite Sun
5. Shower Your Love
6. Here Come My Demons
7. Smart Dogs
8. Tattva
9. Hush

 - - Encore ? - -
10. Govinda

 - - Encore 2 ? - -
11. Hey Dude

 

 2. のホークウィンドのカバーは、"Sound of Drums"のシングルのカップリング、

Sound of Drums

Sound of Drums

 

もしくは"The Very Best Of Kula Shaker"に収録されています。

Tattva: The Very Best Of Kula Shaker

Tattva: The Very Best Of Kula Shaker

 

買いやすいのは The Very Best Of~ かな。
にしてもなんでこの曲やったんだ…。

"Hush"をやったあとに一旦捌けたんだけどすぐに戻ってきて「もう少し時間もらった」的なことを言って始まったのが"Govinda"。聞きたかったから嬉しい。会場内をゆわんゆわんにインドサイケな感じに染め上げたあと「See You Soon!」的にステージをあとにした。あー、そういえば「K」の再演でジャパン・ツアーあるんだよなぁとか考えてたら突如メンバーがまたステージに戻ってきて、やりだしたのが「Hey Dude」!少し帰りかけていた客もまたステージに押し寄せ、一部大変なことになってた。

 


Kula Shaker - Hush - Fuji Rock Festival 2016


Kula Shaker "Hey Dude" at FUJI ROCK FESTIVAL (2016.07.23)


Kula Shaker "Govinda" at FUJI ROCK FESTIVAL (2016.07.23)


Kula Shaker "Hush" at FUJI ROCK FESTIVAL (2016.07.23)

 

セットリスト: Beck @ FUJI ROCK FESTIVAL '16

Fujirock セットリスト 音楽 BECK

1. Devils Haircut 
2. Black Tambourine
3. Loser
4. The New Pollution
5. GUERO
6. Mixed Bizness
7. Hell Yes
8. Soul Of A Man
9. Think I'm In Love
10. Go It Alone
11. LOST CAUSE
12. Heart is a drum
13. Paper Tiger
14. Blue Moon
15. Everybody's gotta learn sometime
16. Dreams
17. Girl
18. Sexx Laws
19. E-Pro

 - - Encore - -

20. Debra
21. Where It's At

 

Morning Phase

Morning Phase

 
Odelay

Odelay

 
Sea Change

Sea Change

 
Modern Guilt

Modern Guilt

 
Guero

Guero

 
Mellow Gold

Mellow Gold

 
Midnite Vultures

Midnite Vultures

 

 

セットリスト: WILCO @ Fujirock Festival '16

Fujirock セットリスト 音楽

intro: EKG
1. More...
2. Random Name Generator
3. The Joke Explained
4. I Am Trying to Break Your Heart
5. Art of Almost
6. Locator(新曲)
7. Pickled Ginger
8. Hummingbird
9. Handshake Drugs
10. Cold Slope
11. Via Chicago
12. Spiders (Kidsmoke)
13. Heavy Metal Drummer
14. I'm the Man Who Loves You
15. Impossible Germany

"Via Chicago" で別にWILCO知らないで見てた人の「え?え?」って感じがおもしろかったです。

9月の新譜も楽しみだ。

Schmilco

Schmilco

 

 

セットリスト: Travis @ FUJI ROCK FESTIVAL '16

Fujirock セットリスト 音楽 Travis

1. Sing
2. Selfish Jean
3. My Eyes
4. Animals
5. Where You Stand
6. Moving
7. 3 Miles High
8. Side
9. Paralysed
10. Closer
11. Flowers In The Window
12. Magnificent Time
13. Why Does It Always Rain On Me?

 


Travis - Sing @ Fuji Rock Festival 2016 (23 July 2016)


Travis - Where You Stand - Fuji Rock Festival 2016 live


Travis - Flowers in the Window - Fuji Rock Festival 2016


Travis "Animals" at FUJI ROCK FESTIVAL (2016.07.23)


Travis "Why Does It Always Rain on Me?" at FUJI ROCK FESTIVAL (2016.07.23)


Travis - Why Does It Always Rain On Me? (live at Fuji Rock Festival 2016)

Everything At Once

Everything At Once

 
Where You Stand

Where You Stand

 
The Man Who

The Man Who

 
Singles

Singles

 
Boy With No Name

Boy With No Name

 

 

 

セットリスト: 踊ってばかりの国 @ Fujirock Festival '16

Fujirock 音楽 セットリスト

1. 世界が見たい
2. 風と共に去りぬ
3. surfer song
4. !!!
5. 話はない
6. Boy
7. SEBULBA
8. 言葉も出ない
9. OK

 

世界が見たい

世界が見たい

 

 

風と共に去りぬ

風と共に去りぬ

 

 


踊ってばかりの国『Surfer Song』『OK』2016.7.20 LIVE

SEBULBA

SEBULBA

 

 

FLOWER

FLOWER

 

 

性戯王

アレ

gigazine.net

やめて!蝋燭プレイで前立腺を焼き払われたら闇の双頭極太ディルドでモンスターと繋がってる城之内の精神まで燃え尽きちゃう!お願い、イカないで城之内!あんたが今ここでイったら、舞さんや遊戯との3Pはどうなっちゃうの?

ローションはまだ残ってる。これを耐えればマリクに勝てるんだから!

次回「城之内イク」。デュエルスタンバイ

 

ギャグ貧乏なので思いついたら書きたいんだけど、死にたい。いますぐ死にたい。

re: 俺のちんこがおかしい

包茎手術の記録 アレ

アクセス解析見たらリンク貼ってくれた方がいて、見たら増田さんでした。

自分と同じ症状の人がいてなんか安心する。見た目確かにサナギっぽくなる。剥こうとすると皮が開かなくて、見たことある「カントン包茎」っぽいシルエットになるんだ。

自分は諸々の事情から美容整形外科(というか高須クリニック)にしたけど、泌尿器科で受けられるならそれはそれでいいと思う。

ちなみに今自分のちんこは、1ヶ月ぶりの手淫も滞り無く終わり、とても元気な様子なので安心して欲しい(誰が?)。

 

包茎じゃなくなって驚いたのは「剥けてるやつってこんなにちんかすとか溜まらないんだ?」ってことだ。亀頭の根本にちんかすが溜まるとそこから腐ってちんこ取れちゃうんじゃねえの、なんて思ってブルってたのでマメに皮を剥いては洗っていたのだが、皮が無いだけでこんなにきれいに保てるなんて。洗いやすいし楽ちんではあるが、自分のちんことのコミュニケーションが減るような気がして、少し寂しい気持ちにもなる。まぁ、それ以外の面でもっと触れ合っていきたいと思う。

 

 

ブコメフォロー: 痛いニュース(ノ∀`) : 鳥越氏 「私は昭和15年の生まれで終戦の時20歳でした」(注:終戦は昭和20年、鳥越氏は5歳)

アレ はてな
痛いニュース(ノ∀`) : 鳥越氏 「私は昭和15年の生まれで終戦の時20歳でした」(注:終戦は昭和20年、鳥越氏は5歳) - ライブドアブログ

タイトルの注釈いる?注釈ないと気付かないやつはこの点鳥越俊太郎を責められないわけだけど。

2016/07/13 04:54

b.hatena.ne.jp

上のブコメid:seamlesssingles 氏からidコールをいただきました。

痛いニュース(ノ∀`) : 鳥越氏 「私は昭和15年の生まれで終戦の時20歳でした」(注:終戦は昭和20年、鳥越氏は5歳) - ライブドアブログ

id:i2i さすがに都知事候補ともあろう人が終戦の年さえろくに知らないとなると、正しい知識を持っていようがいまいが批判していいと思うんですがそれは

2016/07/13 11:36

b.hatena.ne.jp

これに対する返答です。

 

もちろん批判していいと思いますよ。

ただ、元々「正しい知識」を有してる人にはその権利あると思いますけど、「正しい知識」をまとめサイトのエントリータイトルで初めて知るような人間が批判するのはおかしくね?ということです。

日本人にとって常識的な「終戦の年」というのに、なんでわざわざ注釈つけたんでしょう。常識なんだから注釈は必要ないはずでしょ。「終戦の年」すら知らない人にまで鳥越氏のアホさ加減を攻撃させたいからでは、なーんて思ってしまいます。というかそのそも計算自体間違ってることにつっこめよ、ってことなんですが。

前にも言ったとおり、この件に関して鳥越氏を批判するのは別におかしくありません。私は鳥越氏のことは元々好きではありませんし、都民では無いので都知事選にも興味ありません。ただ何より、程度の低いまとめサイトの煽りや、それに乗じて煽りに加担する方々のことが、とにもかくにもムカつくのです。私のブコメは鳥越氏批判ではなく、まとめブログ批判ということです。100文字以内でここまで書くわけにいかないからね。

 

イラッとしたのでついでに書いておこう。

ブコメ認知症呼ばわりしてたり、痴呆老人的な扱いしてるのを見ると民度の低さに呆れ返るわ。何がしたいんですかね、ほんとに。

Perfume 6th Tour 2016 "Cosmic Explorer" を観た。

音楽

www.perfume-web.jp

 

あーちゃんがMCで「セットリストやネタバレをネットに上げんな、殺すぞ!(大意)」とおっしゃってたので我慢してましたが、本日最終日ということもあり感想をアップします(追加公演は無視)。ちなみにこれを打ってるのは5月8日で、7月3日で予約投稿してます。

 

見に行ったのは5月3日、4日の仙台公演。初日と2日目ということになります。

会場に入ると長方形のアリーナの中央にセンターステージ、そこから縦に両断するかのようにセッティングされた花道。花道の両端にもステージがあり、どの席からもステージが近く見える!初日はわりと後のほうだったけど、裸眼でもなんとなく表情がわかるくらい。

 

開演時間になり暗転するとあらゆるところに配置されたモニタにカウントダウン表示。そして始まったのは"STORY"。SXSWで初披露されたこの曲はほぼセンターステージでのパフォーマンスながら、複数のスクリーンと照明効果でものすごい未来を観た気がしました。


Perfume Live at SXSW | STORY (SXSW-MIX)

 

というわけでここからのセットリストは以下に。

 

2016年5月3日

STORY
FLASH
Dream Fighter
Next Stage With You

MC

よせあつメドレー
 Relax in the City
 透明人間
 Spending all my time
 不自然なガール
 Twinkle Snow  Powdery Snow
 コンピューターシティ
 イミテーションワールド
 Sweet Refrain

Baby Face
TOKIMEKI Lights
Navigate
Cosmic Explorer
Pick me up
Cling Cling
Miracle Worker

MC

SEVENTH HEAVEN(3.5.6.9.)
エレクトロ・ワールド(3.5.6.9.)
P.T.A.のコーナー
Handy Man(3.5.6.9.)
Hold your hand
STAR TRAIN

 

2016年5月4日

STORY
FLASH
Dream Fighter
Next Stage With You

MC

よせあつメドレー
 Relax in the City
 透明人間
 Spending all my time
 不自然なガール
 Twinkle Snow  Powdery Snow
 コンピューターシティ
 イミテーションワールド
 Sweet Refrain

Baby Face
TOKIMEKI Lights
Navigate
Cosmic Explorer
Pick me up
Cling Cling
Miracle Worker

MC

P.T.A.のコーナー
puppy love(3.5.6.9.)
ジェニーはご機嫌ななめ(3.5.6.9.)
my color(3.5.6.9.)
Hold your hand
STAR TRAIN

 

な?

2時間半、アンコール無し。一応"Cosmic Explorer"というコンセプトに則った映像やステージをめぐる仕掛けがあるんだけど、PerfumeらしさというべきゆるいMCも健在で。例えば前半に配置された、やりたい曲いっぱいあるからメドレーにしちゃいました的なMCと共に始まった「よせあつメドレー」。何このネーミングのダサさ。あと、全国ツアーにも持ってきたはいいものの、演者も裏方も大変かつステージセットの関係で向く側とかマイクの処理の打ち合わせがかなりのグダグダっぷりだった 3.5.6.9.コーナーとPTAコーナー。

今回もPerfumeだったなーという感想しか出てこない。にやにやしまくりの2時間半でした。

"Start Rain"の最後のコーラスはもっと引っ張ってお客さんを煽ったほうがよかったんじゃないかな。この曲はコーラスが厚ければ厚いほどかっこいいし。

ただ、完全にアルバムのコンセプト通りのライブをやるチャンスだったんじゃないかなとも思ったり。"Cosmic Explorer"を追求したライブ、演出を見てみたかったな。お客さんが最後にぽかーんとするような。

COSMIC EXPLORER(初回限定盤A)(2CD+Blu-ray)

COSMIC EXPLORER(初回限定盤A)(2CD+Blu-ray)

 

 

追記:

今(7月)に改めて読むと、ポリリズムもチョコレイトディスコもやってないんだよなぁ。3569のラインナップには出てたけど。そういう意味ではすごい攻めてるな。

MX4D版の「デッドプール」を観た

映画

www.foxmovies-jp.com

 

包茎手術を受ける前に時間があったのでTOHOシネマズ 六本木ヒルズで映画でも見ようかなと上映してるの確認したら「デッドプール」やってるじゃないですか。体験したこと無かったし話のタネにでもなればと思ってMX4D版を観ることにしました。

全国津々浦々にあるわけじゃないのでMX4Dとはなんぞやって話をしますけど、簡単に言うと映画の映像に合わせて座席がガタガタ動いて臨場感っつーの?そういうのが味わえる作りになっています。しかもガタガタ動くだけじゃなく、アームレストの穴から水辺での戦闘では水しぶきがピシャっと、爆発のときには火薬の匂いがフワッとしたりする仕組み。口が臭い俳優のときはそのニオイがプーンと鼻をつんざくし、ワキガの女優のときはそのニオイがツーンとあたりに漂う。そういう仕組み。未来だね。

でね、デッドプール、テレビの予告で観る限りアクションすごいじゃない。これはもうガッタガタのプシャーのツーンだな!とか思って、観ようと思った瞬間からワクワクしてました。

席に座って流れ始めた他の映画の予告。最近地元のTOHOでロクヨンの前後編を見たりして、見飽きた予告が流れたりしたんですが、別に見たいのないなーとか思ってたんです。そしたら始まったのが「貞子vs伽椰子」の予告。

ガクガクガクガクガクガクガクガクガクガク

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

デッドプール」でMX4Dを体験しようとしたら、まさかの「貞子vs伽椰子」の予告編で強制的にやられてしまう有様。しかも中途半端に。あれか、ラブホにて自分の彼女に童貞捧げようと思ったら掃除のおばちゃんに突然レイプされるようなものか。

あのー、予告編ではいらなくない?節電のご時世だよ?正直、MX4Dだからって映画が面白くなるわけじゃないよ?(言っちゃった♡)

なんか放心状態のまま、デッドプール本編へ。

ガクガク

おおおお

ガクガクガク

おおおおおお

ガクガク

んんんん

ガクガクガ

やっぱ、感動が薄い。なにこの「あれ、こんなもん?」感。既に最大規模でガクガク(激烈バカの亜流)は味わってるわけで、本編でいろいろやられても「お、うん」みたいな感じになっちゃう。やめよう、予告編でMX4Dやっちゃうのやめよう。

あともう一つ。

MX4D、感情移入できる?

例えばこれ、主人公の目線で進行する映画――ブレアウィッチ・プロジェクトとかクロニクルとか――だったらいいんだ。主人公が体験する通りに揺れるだろうから。でもデッドプールの場合、主人公と敵が地べたでもみあってるのを上からカメラが見ている状態でもガクガク揺れるのね。

意味がわからない。

しかもそのまま水たまりに突っ込んだりしたら水しぶきを顔に感じるんだよ。どんだけ飛ぶんだよその水しぶき。あとそれドロ水だしな。

なーんか思ってたんと違う。

映画自体はやっぱり面白かったから、普通に2Dで観るんだったな、と後悔。

 

クロニクルをMX4Dで作りなおしたら面白そうだけどなー。

 

バランスを取りたい人たち

アレ

www.buzzfeed.com

 

上のブックマークに

【EU離脱】えっ今さらその言葉をググるの? 離脱に投票し後悔する人たち

民主党政権よりマシだと自民党に投票したものの手当諸々減らされて地獄を見ている日本みたいになるのか。

2016/06/26 08:01

b.hatena.ne.jp

というコメントを残したらものすごいスターをいただいたんです。このブコメは先にコメントをつけていたarajin氏の

【EU離脱】えっ今さらその言葉をググるの? 離脱に投票し後悔する人たち

自民党にお灸を据えようと民主党に投票して地獄を見た日本みたいになるのか。

2016/06/26 07:07

b.hatena.ne.jp

へのカウンターというか。まぁ別に大した意味は無いし、政党がどっちが優秀かとかそういうの論じるわけでもない、一方的な意見に大して別の見方を当てたんですけど。

そしたらスターをかつてないくらいにもらっちゃって。

f:id:i2i:20160627160047p:plain

 

政治的な話になると右左・賛否に分かれるのはまぁ分かるんだけど、その一方で数値的なバランスを取りたがる人たちは一体なんなんだろう。一種の判官びいきなのかな。拮抗していないと気に食わない。数値的に同数じゃないと美しくない。結果よりも個人の美意識が優先される。

イギリスのEU離脱国民投票、投票前は残留が優勢との見方だったのに離脱が勝ったのは、政治的にどーこーではなく、「無所属(無関心・無知)」が天邪鬼に動いた結果かもしれない。

知らんけど。

カントン包茎っぽくなり高須クリニックで包茎手術をした話(手術後編)

アレ 包茎手術の記録

wow.hatenablog.jp

 

術後編

 

 今日は安静にしてください、と言われ、また手渡された手術後のマニュアルにもその旨書いてあったが、安静も何も、私はこれから新幹線に乗って帰られねばならないのだ。赤坂駅のロッカーにいれた旅行カバンを回収し東京駅へ。安静、とまで言われているのだからそれなりに自分のちんこを気遣う必要があるが、GoogleMapsの選んだルートはなんか徒歩がの多くてかなり後悔。素直にタクシー使えばよかった。上京時に立ち寄るあの店この店は当然無視、新幹線の待合室で出発時間まで2時間以上じっとしていた。スマホでずっとThrees!をやっていた。

 そうそう、ちんこは術後落ち着くまでちんこはなるべく上向きに収納するのが良い、とマニュアルに書いてあったため、東京駅のユニクロでボクサーパンツを購入した。基本トランクス派だが、少しでも早く治すためだ。しかたあるまい。

 

 手術3日目の朝。

 風呂は1週間ガマンで、シャワーのみ。しかもあまりシャワーを浴びると患部が火照ってダメらしいので軽くしか浴びちゃダメな模様。そのため、ちんこにビニール袋を被せた上で輪ゴムで止め、さらにその上から大きめのビニール袋を被せて紐で腰に結ぶという出で立ちでレッツシャワー。鏡に写る自分を見て、つくづく一人暮らしでよかったと思う。

 シャワーからあがり、東京で買ったボクサーパンツを履こうとをふとちんこを見たら、なぜかビニール袋が赤く染まっている。

赤い唇(「鈴口」のこと)が色あせる前に その熱い血潮(「鮮血」のこと)の枯れぬまに


サニーデイ・サービス - 東京

前回のエントリーと同様、サニーデイ・サービスの名曲が頭をよぎる。熱い血潮か…。枯れなかったら俺死ぬんじゃ…。なんて思ってる間もなく、タオルで患部を抑える。

これを読んでる皆さんはちんこから出血した経験はお有りだろうか?あれ、焦りますな。普段あまりちんこからは流血しないタイプの人間なので、血に染まるちんこは心臓に悪い。ちんこは男にとって最初の友人。オールド・フレンド。そんな彼が血を流しているんだからそりゃ動揺する。マニュアルには止血方法が書かれており、単純にガーゼで強く抑えてれば出血は止まると。まぁ当たり前のことなんだけど、血まみれの友人をガーゼで包み、祈るような気持ちで抱きしめていたのさ。※会社に遅刻しました。

 

 手術8日目。

 この日やっと包帯を取ることができる。アパートの風呂場でシャワーで濡らしながらゆっくりテープを剥いでいく。どのくらい強く掴んでいいのか加減が分からないので、とりあえずはそーっと、そーっと。録音したラジオを聞きながら30分位かけてテープを剥いでいく。ペリッとした感触、少しして血が流れる。どうやらカサブタを剥いでしまったらしい。ちんこが血まみれになるのなんて2回目だからもう馴れたもの。テープとの戦いをやめて止血タイムに突入。
 数分したら血は止まっていた。ひと安心。しばらくした後、テープと再戦。亀頭に貼り付いたテープは引っ張って取ろうとするとなかなか痛い。テープを少し浮かしては糸切りバサミで切り、貼り付いたテープの面積を減らしていく、というマニュアルには無い作業を続け、ついには生まれたまんまのちんこと対面することが出来た!


 入浴は8日目からOK、とのことだけど、なんかまだ怖くてシャワーのみにしている。そろそろ湯船に浸かってみようかな。

 手術後、完治するまではセックスはおろかオナ禁しなければならないが、自然の勃起は全然問題ないとのこと。ただ、糸で縫ってるので勃起すると縛られてる感覚がして痛いというか苦しいというか。さながら三蔵法師に怒られる孫悟空のようだ(頭の輪っか的な意味で)。糸自体は自然に解けたり体に吸収されるタイプのようだけど、どんな感じになるんだろうか。

 

 手術後3週間以上経過。

 糸がポロポロ切れたりしている。勃起すると締め付けられるような感覚はあまり無くなってきたが、ところどころから糸がぴろっと出ている状態。自分で抜いたり切ったりするのはダメらしいが、自然と切れるような雰囲気もない。触ってみると糸自体結構固いんだよね。

 

※変化があったら追記していくのでお楽しみに。みんなで俺のちんこに注目!(視姦)※


※※高須クリニック感想※※※

とにかく、患者側に立っているし、気遣いがものすごいと感じた。患者が嫌な気持ちにならないように、正直やり過ぎな感もあるくらい。でもそのくらいしないと全ての患者を受け入れて満足してもらうことなんて難しいのかもしれない。土日にやってるのもすごい。包茎手術は手術後安静にしたほうがいいので、3連休前の金土を狙ったほうがいいかも。

ウェブサイトもすごい。見たことない人は見て欲しいんだけど、ありとあらゆる事例が写真付で説明されている。症状に困っているのは「自分だけではない」し、手術を受けるのは自分だけではないという気持ちにしてくれる。具体的なことについても書かれてるし、メールでの問い合わせも可能(返事早い)なので、手術を受けるときには正直不安がほとんどなかった。

サイトにはほとんどの手術の費用が明記されている。明朗会計なのは安心できるし、術後についても説明されているので、実際にどのくらいの費用なのか、予め分かるのは不安の種を一つ消してくれてよい。

ひとつ問題なのは日本全国にあるわけではないということ。地元にはないため、わざわざ新幹線代を使って上京してまで受けたのは、安心感にほかならない(あと手術から全快までのスピードかな)。

それなりの規模の街には包茎手術をしてくれる泌尿器科があると思うし、実際に自分のケースだったら保険も適用できたかもしれない。でも時間とか、人の目とか、あと申し訳ないけど地元の泌尿器科より包茎手術に関しては上手いだろ絶対、とか、そういうのを加味した上で、かつ安心できる手術をしてくれるのはここかなと思って高須クリニックにした。

悩んでる人の何かの参考になれば。

 

wow.hatenablog.jp

wow.hatenablog.jp

カントン包茎っぽくなり高須クリニックで包茎手術をした話(手術編)

アレ 包茎手術の記録

wow.hatenablog.jp

 

手術編。

 

 30代、地方在住のロックファンは上京するとくるりの「東京」を口ずさむことが多い。

東京の街に出てきました 包茎手術を受けるために


くるり 東京

  もしくはサニーデイ・サービスの「東京」かもしれない。

赤い唇(「鈴口」のこと)が色あせる前に その熱い血潮(「精液」のこと)の枯れぬまに


サニーデイ・サービス - 東京

 そんなことを思いながら電車に揺られ、やってきたのは赤坂駅。駅の向かいにあるビルの12階に、高須クリニック 東京院がある。怖いか?否、不思議とワクワクしている自分に気付く。

 高須クリニックが入居しているビルには他にも様々な会社が事務所を構えている。高須クリニック行きの低層階向けのエレベーターは、そういった他の会社への訪問客でなかなか途切れない。二度と会うことのない人たちではあるが、一緒のエレベーターに乗るには恥ずかしい気持ちがある。神様、私にほんの少しだけ勇気を。するとどうだろう。人の波が途切れ、今ならエレベーターホールに誰もいない。「どこかに電話しているふり」を止め、ちょうど開いたエレベーターに乗り込む。いざ。

 

 呼吸を整える暇もなく12階にたどり着いた。エレベーターのドアが開くと正面には高須クリニックの玄関。ゆっくりと歩くと自動ドアが開いた。中を見ると何人かのお客さんが椅子に座って待っている。奥には受付を担当している女性。にこりとこちらを見ている。

f:id:i2i:20160624180351p:plain

 「予約していた○○ですが」と言うと、初診なので問診票の記入をお願いされる。お安いご用だ。名前、住所、誕生日、年齢、内容(美容整形 or 歯科)、どこで高須クリニックを知ったかのアンケート、これまで病気で入院したことあるかなどをすらすらすらと書いていく。このとき「包茎」という漢字が思い出せず、スマホで漢字変換したのは内緒だ。

  問診票を返すと、番号札(スーパー銭湯の鍵みたいな腕に巻くタイプ)、診察券、高須クリニックのパンフレットを貰う。

「お呼びしますので、お座りになってお待ちください」とのことなので、空いてる椅子に座る。待合室は老若男女一緒でオープン。外人の父親と娘、という2人組もいたが、スタッフが英語ではないその国の言葉で応対しててちょっと感動した。

  待合室の中央には水槽があり、様々な種類の熱帯魚が泳いでいる。ぼーっと見ていたらハコフグの仲間っぽいやつが飛び跳ねて水が飛び散った。

  なかなか呼ばれないのでもらったパンフレットを開いてみる。中は高須院長を始めとしたクリニックの医師紹介を始め、ここで美容整形を受けた人のインタビュー(野村沙知代等)や実際の美容整形の種類などが全ページフルカラーの載っている。さすがに包茎手術は写真入りで紹介されていなかったが。

 

 15分くらいして女性看護師の方に番号を呼ばれる。その人について奥へ。廊下の壁には様々な言葉で書かれた賞状や、高須院長のパートナーである西原理恵子さんの絵なんかも掲げられていた。

 廊下の途中にある問診室へ通される。室内には少し年配の男の先生。高須院長より老けてみえるが多分院長(71歳)よりは年下な気もする。ここでは問診によるちんこの状態確認や手術内容の説明。机に置かれたPCは使わずに先生による手描きの図解説明。説明の度に新しくちんこを描くので、紙にはたくさんの包茎ちんこが並ぶ。壮観。この先生、恐らくこれまで何本も剥いてきたのだろう、「お安いご用だ」感が半端ない。

 先生曰く、今回私のちんこに起こった変化は年を取ると起こることがあるんだそう。そうなんだ。伊集院さんも俺と同じ加齢によるものだった…?なんて考えてみる。でもこれって別に男性みんなが知ってることじゃないよね?だったらちゃんと名前をつけて注意を促したりしたほうがいいんじゃないの。包茎って言葉を使うと恥ずかしいから「後天性巾着皮包」みたいな。ゆるキャラなんかも作ってさ。いやでもマジな話、ただの包茎だったら治しにきてないと思う。実際剥けなくてヒリヒリして尿は定まらないしで困ってたから手術を決意したんだよね。「包茎手術」に抵抗あるんだったら、「後天性巾着皮包を患ったので病院に行ってきます」だと「なんか大変ですね」と憧れのあの娘も心配してくれると思う。誰だそいつ。

 問診を終えると今度は廊下にあった個別面談的なブースに案内される。向かい側には先ほどの女性看護師が座り、改めて手術の内容説明を行う。廊下だし他の患者もいるので一応小声で喋っている。「包茎手術」という単語を言う際には少し気を使ってもらったような気がした。手術の同意書へサイン。家族の名前と年齢も記入しなければならないので注意。一応父親の名前を書いた。父親の年齢を書いて「あぁ、年だなぁ」と少しセンチな気分になる。支払いはこのタイミングで行う。提示された額は129,600円(12万+消費税)。明朗会計過ぎて怖い。

 金額を支払うと「それでは患部のお写真撮りますからこちらへ」と隣にある「撮影室」と書かれた部屋に案内される。女性看護師に続いて中に入ると、縦に2畳もない狭い部屋。レントゲン的なものを想像したがそんなものは無い。

「お写真撮りますのでパンツを下げてください。準備ができましたらお声掛けください」と、女性看護師は奥のほうを向いたまま言う。これからちんこの写真を撮るのに、ギリギリまでは見ないようにするという気遣いに感動。パンツ下ろしてシャツをめぐり、「準備できました」と言うと、女性看護師はおもむろに振り返り、手に持ったデジタル一眼レフカメラで撮影、確認(シャッターは1回のみだったと思う)。カメラのモニタに鮮やかに映る俺の包茎ちんこを見て女性看護師「OKです」と言うとまた振り返り、「撮影が終わりましたのでお着替えになさって結構です。先ほどの扉から外に出てお待ちください。扉には鍵がかかっておりますので、ご自身で開けて出てください。私はこちらの扉から出ます。それでは失礼いたしました」と一気に説明。改めてすごい配慮。徹底されている。ズボンを履き、いつの間にか掛けられていた鍵を開けて1人待合室へ戻った。

 

 待合室でしばし待っていると先ほどとは違う女性看護師に番号を呼ばれる。今度通された部屋はオペレーションルーム。いよいよ手術だ。手術室内にはロッカーがあり、手荷物のスーツケースを入れるように言われる(ちなみに待合室にも通院患者が使えるロッカーがあったことに帰りに気付いた)。

 ズボンとパンツを膝まで下げるように言われ、手術台に寝転がる。「下げ」が甘かったのか、寝転がった状態でさらに下げられる。

「剃毛しますねー」

あ、そうか、包茎手術にも剃毛はあるんだ。剃毛はなんとなく盲腸手術のイメージだったが、そりゃちんこ周りをいじるんだから剃毛もするだろう。小5のとき、玉にいきなり1本太いのが生えてきたのをビビって剃って以来の剃毛。女性看護師に触られることで勃ってしまって「す、すみません!」的な剃毛あるあるを思い浮かべる。どうか勃ちませんように。

 陰毛はすべて剃ってしまうわけではなく、大半はテープで寝せてしまい、ちんこの周辺だけを剃る模様。剃るのは若い女性看護師。準備を整えていざ剃毛。シェービングクリームのようなもの(というかシェービングクリームだと思うけど)を塗られ、少しずつ剃られる。そのとき俺のちんこは…反応しない!小さいまま!なんかいつも以上に縮こまっている。冷静チン着というか、長く苦楽を共にした包皮とのお別れにチン痛な面持ちだ。

 剃毛が終わるとちんこだけを出す穴が開いたタオルを被せられる。いわゆる「潜水艦状態」である。「消毒しますね。少し冷たいかもしれませんよ」と若いナース。手でグリグリとちんこに消毒液を塗りたくられるが、やはり微動だにしない。お父さん、息子のことがちょっと心配になってくる。

 手術の様子を見ないようにするため顔にタオルをかけらる。いくら覚悟ができているとは言え、血まみれのちんこを見たらショックで気を失うかもしれない。「先生呼んできますね」とナース。そのまましばし待たされる。疲れてたせいもあり少し寝てたと思う。どれくらい待ったかわからないけど何かの物音で医師が来たことに気付く。医者は私のちんこをつまみながら「あー」とか「はー」とか言っている。なんか言ってんだけど、タオルが耳まで覆ってるせいでところどころよく聞こえなかったりした。

f:id:i2i:20160624180554p:plain

「じゃあはじめまーす。麻酔打ちますね。チクリとしますよー」。

感触から想像するに、医者の手が麻酔ポイントを探っているようだ。指の動きが止まり、その刹那チクッと刺すような軽い痛み。ああ、麻酔を打たれた。しばらくまた指の動きがあったのち、刺す痛み。何度か部分麻酔を打たれ、徐々にちんこの感覚が無くなる。もちろんその周辺には感覚はあるから「何かされてる」という自覚はある。何かをされているが、何をされているかわからない。一瞬わずかに痛みを感じて「いたっ」と小声で言ったところ、「すみません、麻酔増やしますね」とまた注射された。

 もぞもぞ、ごそごそをずーっと股間に感じる。仮性以上の包茎の方は確認して欲しいが、ちんこの皮の部分には結構先まで太い血管が通ってたりする。そのことをふと思い出して「わ、結構な流血してんじゃねえの」とゾクゾクしたりした。もちろん被せられたタオルで手術の様子は何も見えないが、ついつい悪い方にばかり想像してしまう。

 手術を受けながら微睡んでいたせいもあり、時間の経過がさっぱり分からない。帰りの新幹線、間に合うかな…と考えていると「はい、これで多分大丈夫っ!」と先生の手術終了を告げる声。多分?軽く不安になるが、どうやら終わったようだ。顔に掛けられたタオルをやっと取ってもらう。ライトがやたら眩しい。

 術後の処置を女性看護師にしてもらいながら今後のことについて伺うとA4 2枚の「術後マニュアル」を貰った。今日は安静にして、8日目からは包帯を解いて入浴してもいいらしい。

 視界に時計が無いので、時間を聞く。

「17時ですね。大丈夫です?」

なんだかんだで高須クリニックに来てから2時間以上が経ってた。

「起き上がって大丈夫ですよ。ズボン履いてください」

 ここでようやく自分のちんこと再会できた。包帯とテープで巻かれた先から亀頭が見えている様がなんだか可愛く見える。

f:id:i2i:20160624173158p:plain

「取ったの見ます?」と女性看護師に言われたので見せてもらった。ガーゼの上に広げられた2枚の皮。思ったよりも面積がある。今まで守ってくれてありがとうな。心のなかで別れを告げた。

「ズボン履いたらそのまま帰っていいですよ、お疲れ様でしたー」と言われたので、ロッカーに置いた荷物をまとめて手術室を出る。すれ違う女性看護師たちに次々と「お疲れ様でしたー」「お大事にー」と声を掛けられ、自分は生まれ変わったのだなと改めて思った。

 

 外に出ると夕焼けがビルを綺麗に染めていた。立ち並ぶビルはまるでバースデーケーキのローソクみたいで、新しい自分を祝福しているかのようだ。

 

 さあ、家に帰ろう。

 

術後編に続く

wow.hatenablog.jp